(天声人語)電子メールの監視システム 2017年4月26日 (天声人語)電子メールの監視システム 2017年4月26日 日语学习港-日语精品课程|日语考试|中国文学|日本文学|中国书画|日本书画 - 日语港

内容导航

推荐文章
(天声人語)電子メールの監視システム 2017年4月26日
作者: 发表时间:2017-12-12 浏览:1124

 (天声人語)電子メールの監視システム

20174260500

 内部告発者を訪ねたジャーナリストの話である。ホテルの部屋に入ると、携帯電話を冷蔵庫に入れるよう指示された。電話が遠隔操作されて、盗聴器として使われるおそれがあるからだという。冷蔵庫なら会話は拾われにくい(グリーンウォルド著『暴露』)▼その告発者は、米国の中央情報局(CIA)などで技術者として働いていたエドワード?スノーデン氏である。彼は2013年、米政府が多くの人々を監視している実態を暴露した。電子メールなどを収集する極秘プログラムの存在や、1日数百万件の通話の記録を集めていた事実である▼その種の監視技術は、日本政府も手にしていたのか。スノーデン氏の情報をもとに、米メディア「インターセプト」がNHKと協力して報じたところでは、米国が日本に対して電子メールの監視システムを提供していたという▼日本政府はコメントを控えるとしているが、「すぐに調査?確認する」と言わなければおかしい。国民の通信を盗み見ているのでは、との疑惑が突きつけられているのだ▼戦前?戦中の特別高等警察は狙いをつけた個人の手紙をひそかに開封し、思想動向を調べていた。手口は単純で、まずは郵便配達員を買収する。それが難しければ深夜に重いポストを倒し、差し入れ口から取り出すこともあったと、荻野富士夫著『特高警察』にある▼それに比べて現代は、通信の秘密を破る手立てがいかに高度になり、見えにくくなっていることか。冷蔵庫では限度がある。