伊勢物語伊勢物語 日语学习港-日语精品课程|日语考试|中国文学|日本文学|中国书画|日本书画 - 日语港

内容导航

伊勢物語
作者: 发表时间:2009-11-05 浏览:5286

 

一段  

 

むかし、おとこ、うゐかうぶりして、ならの京、かすがのさとに、しるよしゝて、かりにいにけり。そのさとに、いとなまめいたるをむなはらからすみけり。このおとこかいまみてけり。おもほえずふるさとにいとはしたなくてありければ、心地まどひにけり。おとこのきたりけるかりぎぬのすそをきりて、うたをかきてやる。そのおとこ、しのぶずりのかりぎぬをなむきたりける。

かすがのゝわかむらさきのすり衣しのぶのみだれかぎりしられず

となむをいづきていひやりける。ついでおもしろきことゝもやおもひけむ。

みちのくのしのぶもぢすりたれゆへにみだれそめにし我ならなくに

といふ哥のこゝろばへ也。むかし人は、かくいちはやき、みやびをなむしける。

 

二段

むかし、おとこありけり。ならの京はゝなれ、この京は人のいゑまださだまらざりける時に、ゝしの京に女ありけり。その女世人にはまされりけり。その人、かたちよりはこゝろなむまさりたりける。ひとりのみもあらざりけらし、それをかのまめおとこ、うちものがたらひて、かへりきていかゞおもひけむ、時はやよひのついたち、あめそをふるにやりける。

おきもせずねもせでよるをあかしてははるのものとてながめくらしつ


三段

むかし、おとこありけり。けさうじける女のもとに、ひじきもといふ物をやるとて、

おもひあらばむぐらのやどにねもしなむひじきものにはそでをしつゝも

二条のきさきの、まだみかどにもつかうまつりたまはで、たゞ人にておはしましける時のことなり。

伊勢物語表紙
ホームへ戻る
第一段
第二段
第三段
第四段
第五段
第六段
第七段
第八段
第九段
第十段
第十一段
第十二段
第十三段
第十四段
第十五段
第十六段
第十七段
第十八段
第十九段
第二十段
第二十一段
第二十二段
第二十三段
第二十四段
第二十五段
第二十六段
第二十七段
第二十八段
第二十九段
第三十段
第三十一段
第三十二段
第三十三段
第三十四段
第三十五段
第三十六段
第三十七段
第三十八段
第三十九段
第四十段
第四十一段
第四十二段
第四十三段
第四十四段
第四十五段
第四十六段
第四十七段
第四十八段
第四十九段
第五十段
第五十一段
第五十二段
第五十三段
第五十四段
第五十五段
第五十六段
第五十七段
第五十八段
第五十九段
第六十段
第六十一段
第六十二段
第六十三段
第六十四段
第六十五段
第六十六段
第六十七段
第六十八段
第六十九段
第七十段
第七十一段
第七十二段
第七十三段
第七十四段
第七十五段
第七十六段
第七十七段
第七十八段
第七十九段
第八十段
第八十一段
第八十二段
第八十三段
第八十四段
第八十五段
第八十六段
第八十七段
第八十八段
第八十九段
第九十段
第九十一段
第九十二段
第九十三段
第九十四段
第九十五段
第九十六段
第九十七段
第九十八段
第九十九段
第百段
第百一段
第百二段
第百三段
第百四段
第百五段
第百六段
第百七段
第百八段
第百九段
第百十段
第百十一段
第百十二段
第百十三段
第百十四段
第百十五段
第百十六段
第百十七段
第百十八段
第百十九段
第百二十段
第百二十一段
第百二十二段
第百二十三段
第百二十四段
第百二十五段
伊勢物語表紙
ホームへ戻る