内容导航

推荐文章
趣味小练习(4)-片仮名
作者:赵平教授 发表时间:2011-08-24 浏览:2617

片仮名(かたかな)

A:うちの子は、最近(さいきん)必死(ひっし)平仮名(ひらがな)の書き方を勉強しているようですよ。

B:それはいいですね。うちの子なんかは、感心(かんしん)なことに、片仮名までも覚えているんですよ。

A:あら、すごいじゃないですか。(むずか)しいのを覚えて。

B:どうでしょう。大人(おとな)がよく、(くち)にするカタカナことばをいちいち、ノートに()()っています。

A:それはグッドアイデアですね。

B:まあ、アイデアというより、学校の宿題(しゅくだい)だそうです。

A:そうなんですか。うちの子にはそのような宿題がないみたいですね。

B:ない方がマシですよ。特にうちにとっては。

A:なぜですか。

B:なぜって、「身近(みぢか)なカタカナを書くように」という宿題なんですよ。

A:それのどこがいけないんですか。

B:まあ、聞いてください。こないだ、息子(むすこ)のノートをのぞいたら、なんと、「カンツ、リーチ、テンパイ、ツモ、メンツターター」など、こんなカタカナばっかり、ずらっと(なら)んでいたんです。

A:あらまあ…

B:子供の前でその()のゲームをしてはいけないと痛切(つうせつ)に感じましたよ、僕は。

 

問1:日本人(にほんじん)にとって、平仮名と片仮名のどっちが易しいですか。

問2:子供は二人とも、片仮名を覚えていますか。

問3:片仮名を覚えようとする子供は、どのようにしてカタカナのことばを書き取ったのですか。

問4:男性(だんせい)は普段、家でどんなゲームをしていると思いますか。